院長挨拶

ナビゲーションにジャンプ

ここから本文

笠原病院は1917年(大正6年)に開設された歴史のある病院です。現在の建物は1998年(平成10年)に新築移転されたものです。

当院は開設当初より「真療:真心の医療」をモットーとし地域医療に根ざしてきました。今日では一般病床、療養病床、医療介護病床を備えたケアミックス型の病院となっています。また訪問看護ステーション、介護支援センターが併設されており退院後もひきつづき介護の必要な方の支援を行っています。

職員一同一丸となり今後も地域医療に貢献できるよう努力いたします。地域のみなさまには今後とも宜しくお願いいたします。

医療法人 笠原病院
院長 村井アトム